「音がくについて」 (生徒さんの文章です)

 

きょくは すてきじゃないのはない

心をかえたり 心をおちつかせる力をもっている

私たちが音がくをしっているのは 音がくがあるから

人は音がくを愛している。

愛していない人は ちょっとしかいない。

おんがくがないと ほとんどのひとが つめたいからだになっているとおもう。

おんがくは すごいだいじです。

おんがくをきいたひとは こころがあたたかくなるばわいも

 

+ + + + +

 

小学1年生の春休み頃に、生徒さんがおうちで書いた文章です。

用紙が無くなって、文章が途中で終わっていますが、おうちにあった紙に自分から書いた文章なので、あえてそのままで味わっていただけたらと思います。

子どもも、心の中でいろいろなことを感じながら、音楽に向き合っているのですね。

 

・・・こんな素敵な感受性を、大切に育てていきたいと思っています。