練習する子の育て方2021年

毎月教室で発行しているNews Letterに掲載しているコラムのうち、2021年の分をこちらにも掲載いたします。

2015年8月の掲載開始時より2019年までのコラムは、こちらに掲載しております。

2020年のコラムは、こちらです。

 

【目次】

65.「成長したい気持ちを信じて励まし続けること。」2,021年2月号

66.「手の届くところから、少しずつ練習時間を増やそう。」2021年3月号

「成長したい気持ちを信じて励まし続けること。」2021年2月号

このところ、予想を超えた成長を見せてくれる生徒さんが続出して、びっくりさせられています。

自分でどんどん譜読みを進めていたり、次の曲を自分から弾き始めて弾けてしまったり、分からない楽語の意味を次々と質問したりと、与えられることを待っているのではなく、自分からさらに先に進んでいこうとする意欲を、見せてくれているのです。「子どもは自分を成長させる力を持っている」と私は思っていますが、こういう姿を見ていると、まさにその力が発揮されている状態だなと、子どもの逞しさを感じています。

このような生徒さんたちは、総じて楽しそうです。自分を、少し先の段階へと押し上げようとしているのですから、当然努力は必要だし、それなりの負荷もかかっていると思うのですが、嫌がっていないのですね。自分を成長させる努力というのは、大変さはあっても楽しいものなのだと思います。自分からどんどん吸収して楽しく伸びていくのですから、成長のスピードも速いです。

ならば大人の役割は、そんな力が発揮できるようにサポートすることなのかもしれないと思います。やり続ければ出来るようになる自分、目の前のことに取り組む力を持っている自分への信頼感がなければ、わざわざ大変なことをしたいとは思えないでしょうから、そういう力を発揮した瞬間を見逃さずに、子どもの力を信じて、励まし続けていけたらいいですね。

練習を通して、ピアノが弾ける喜びと自信をさらに大きく育てましょう!(^^)!、

 

 

「手の届く所から、少しずつ練習時間を増やそう。」2021年3月号

「毎日練習する」というのは、一番簡単な上達の方法だと思います。忘れる前に復習することで新しい曲も記憶に定着しやすくなりますし、「弾く」という技術の習得には反復練習が欠かせません。

けれども、毎日練習いているのに、なかなか上達しないということもありますね。椅子の高さが合っていなかったり、指の形が出来ていなかったり、間違った音やリズムでやみくもに繰り返していたりと、色々な理由があると思いますが、やはり一番単純で大きな原因は、練習時間の短さかなと思います。1日1回弾くだけの練習でも、毎日やっていることにはなりますが、よほど注意深く弾いていない限り、間違えている所はそのままということになってしまいそうです。

そこで、なかなか上達しない場合は、毎日の練習量を少しずつ増やすことを考えるのが良いかなと思います。その時に大切なのは、本人が納得して、これならできると思える所から始めることですね。ゼロから1にするのは大変ですが、すでに毎日練習するという一歩は踏み出しているのですから、1から2、2から3と、少しずつ練習時間を長くしていけたら良いなと思います。

練習を通して、ピアノが弾ける喜びと自信をさらに大きく育てましょう!(^^)!、